早期の治療を行うことで治すことも可能なうつ病とは

薬の種類

うつ病治療に使用されるものに「抗うつ薬」があります。うつの症状を抑えるために使われるのですが、これには様々な種類があり、それぞれが持つ働きも異なります。大きく種類を分けると、薬には「新規抗うつ薬」、「三環系抗うつ薬」、「四環系抗うつ薬」があります。新規抗うつ薬は、日本でもよく使用されているタイプの薬です。3つの種類があり、「SSRI」、「SNRI」、「NaSSA」といったものがあります。「SSRI」は新規抗うつ薬の中でも、セロトニンといわれる物質に働きかけるものです。セロトニンは、神経伝達物質という情報を伝達する役割を持つ物質の一つです。通常、このセロトニンは他の細胞へとくっつき、情報を伝えます。しかし、このように他の細胞にくっつかず、自ら出てきた細胞へと戻ってしまうことがあります。このようになってしまうと、脳の働きが落ち、神経の伝達も低下してしまいます。

「SSRI」では、そのようにセロトニンが自らが出てきた細胞へ戻ることを阻止する働きがあります。「SNRI」も、「SSRI」と同じように、物質が自ら出てきた細胞へ戻ることを防ぐ働きがあるのですが、違うのは、セロトニンだけでなく「ノルアドレナリン」という物質にも働きかけるという点です。新規抗うつ薬の3つ目、「NaSSA」には、物質が細胞から出ることを促す、という働きがあります。上記の2つの抗うつ薬とは少し違っており、物質の量を増やすことで抗うつ効果を発揮します。他にも、うつ病治療で使われるものには上記で述べたように、「三環系抗うつ薬」や「四環系抗うつ薬」があります。これらは新規抗うつ薬よりも効果が大きいことが特徴で、症状の思いうつ病でも治療できる点が特徴です。うつ病治療は、上記のようなものを使用して行われます。症状やうつ病の程度などを見て、それらに応じて処方されます。